「めちゃくちゃ忙しいバイキングレストラン!」

ホテルレオマの森のバイキングレストランでホール担当としてリゾートバイトをしました。
このバイトについて一言で言うと、めちゃくちゃ忙しくてかなり大変な仕事でした。
今まで色んなレストランでバイトをしてきたのですが、このレストランほど忙しい飲食店で働いたことがありません。
ここで働き続けることができれば、どのバイトでも余裕でやっていけるように感じるほどです。
かなり大規模なホテルなのに、バイキングレストランが1ヵ所しかないせいで、毎日お客様が殺到してきます。
なので、お客様を席に案内するだけでも大変でした。
そして、昼も夜もバイキングをやっているレストランなので、昼の片付けや夜の準備など、一日中休む間もなくとても忙しかったです。

「バイキングレストランでの仕事内容は?」

私はホール担当だったので、お客様の接客が主な仕事でした。
お客様を席に案内したり、料理やドリンクの注文を受ける、食べ終わったお皿を下げたり、空席の状況をインカムでマネージャーに伝えてました。
開店前や閉店後は、テーブルや椅子を掃除したり、店内の清掃が主な仕事でした。
バイトを始めて最初の3日間は研修期間なので、先輩スタッフが色々サポートしてくれたので、安心して働くことができました。
ですが、忙しすぎてピリピリした雰囲気になることがあり、ホールと調理場とのやり取りが恐くて、辞めていく派遣スタッフもたまにいました。

「どんな生活をしていたの?」

私が滞在した寮はレオマから少し離れている距離にあったので、送迎バスを利用して通勤していました。
送迎バスの運行は朝と夜しかないので、バスが来る時間まではホテル内で過ごしていました。
中抜けの時間は、昼食は割引料金でランチをしたり、仲良くなったスタッフとゲームや卓球をしたり、休憩室で会話をして時間を潰していました。
バイトが終わるとみんなでホテルの温泉を利用することが日課になっていました。
寮の周辺にはスーパーやコンビニがなかったのですが、
休みの日にイオンへ買い物に行ったり、讃岐うどんを食べに行ったりと、以外に退屈することなく適度にリフレッシュできました。

「リゾートバイトをしてみての感想。」

リゾートバイトをしなければ、出会うことのない人と仲良くなれて、たくさんの友人ができたことはとても良かったです。
また、そこそこの額を貯金することもできたし、一人暮らしをする大変さも学ぶことができました。
ただ、バイキングレストランでのバイトはかなり忙しくて、何度か辞めようと考えたほどです。
ですが、このリゾートバイトをしたことで、体力と忍耐力がかなり付き、どこでバイトをしても大丈夫だと自信がつきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です